ランディングページは平均ではなく、トップを目指すべき

ランディングページ作成する時には、平均的なところを考えるのではなく、トップを目指して制作する必要があります。単にいいランディングページを作りたいというような場合でもこのことはいえます。

というのは、ランディングページはいいか悪いかの二択で判断されることになるからです。しかも、その判断はトップとそれ以外ということになるのです。それ以外に入ると平均的なものもちょっといいものも、質の低いものもほとんど一緒ということになります。ですから、トップを目指して作る必要があるというわけです。

何故こうなるのかというと、人が自由に選択する権利を持っているからです。人はランディングページを見て、そのサイト内に入るかどうかを自由に判断します。そして、一度いいなと思うとずっとそこを使用することになっていきます。滅多に他のサイトに行くことはないでしょう。何故ならこれが安心だからです。そして、人がいいなと思うサイトは他の人もいいなと思うようになりますから、自然とそこに人が集まるようになります。すると検索エンジンはそのサイトがいいサイトだという高評価をするようになりますから、ますますそのサイトが検索結果で上位に表示されることになります。となれば検索結果を見てサイトに訪れる人が増える、人が増えるから検索結果は上位に表示されるという好循環が始まり出すわけです。こうなると、そのサイトの一人勝ちとなるというシステムです。ですから、トップとその他という分かれ方になるのです。平均的なランディングページでは訪問者を獲得することは出来ないという理由がここにあります。

ですから、質の高いランディングページを作るという意気込みはいいのですが、実際には他のサイトに負けないぐらいにいいものを作る必要があるということは知っておく必要があるでしょう。特にビジネスでランディングページを作る場合はこれは必須の知識ということになります。

最近はランディングページの評価をすることが出来るアクセス解析ツールも登場していて、ランディングページを訪れる訪問者がどういう人たちで、どこからやってきてどういう経緯でやったきたのか、サイト内をどのように利用して出て行ったのかが分かるような分析ツールもあります。こうした分析ツールを使用することで、ランディングページをよりいいものにしていくのが、常識ともなってきているのです。ランディングページは一度作れば終了というようなものではなく、常に状況を見て変えていくことも必要になると考えた方がいいでしょう。最高レベルものを一度に作るなどということはまず不可能ですから、いろいろと試してみて、情報を入手し、分析していくことで、よりいいものを作っていくことが出来ると考えるべきです。一朝一夕ですぐに作れるようなものではないということです。

ランディングページを作るにはセンスが必要だと感じている人も多いかもしれませんが、実際に最も必要になるのは、こうした分析をして常にいいものに変えていくことだということになるでしょう。万人受けするようなものはないのですから、多くの人に受けいれられるものは何かということを常に考えて変えていける人がいいランディングページを作ることが出来る人ということになるでしょう。いいページというのは時代によっても変わってきます。特に最近は視聴する端末なども変わってきているわけですから、どういうものがいいのかも含めてさまざまな検討が必要となることが多くなっています。パソコンで見る人、モバイル端末で見る人、テレビ画面で見る人、ゲーム機で見る人などいろいろな人がいるわけで、それぞれ画面の大きさも異なっているはずです。ある画面ではしっかりと見えるものも小さい画面となればあるかどうかも分からないということもあれば、文字が読めないような場合も出てくるでしょう。となればそうしたページがいいのかということになることは間違いありません。パソコンでページを見る人がほとんどを占めていたような時代と、モバイル端末で視聴する人が過半数を超えたような事態では、いいランディングページというものも大きく変わるということになります。最近では端末によって見え方が変わるようなシステムも使われたりもしていますし、ランディングページを作る技術もどんどんと進化をしているようにもなっています。

そのような中でどういう技術を使ってページを作るのかということは非常に大切なことになっても来ているといえます。単に綺麗なページが作れるだけでは足りなくなっているのが今の状況といってもいいでしょう。何しろトップだけが多くの人に見てもらうことが出来るという厳しい世界がネット社会です。トップとそれ以外という区分けになってしまうわけですから、それ以外に入らないためにはそれ相応の努力が必要になります。何しろ全ての人がトップを目指しているわけですから、それなりの覚悟が必要になります。