ランディングページの制作に必要なヒアリングシートのポイント

ランディングページは最終的に購入につなげるための大事なコンテンツです。その制作をするためには、きちんとクライアントに行うヒアリングシートを作っておく必要があります。制作日数が少ない場合には最短で必要な情報を得なければなりませんし、ある程度のテンプレートも作っておくことが大事です。ヒアリングによって得た情報をテンプレートに反映させることで、すぐに運用することが可能となります。通販サイトなどを運用すると、必ずといってよいほどライバルサイトが出現します。そしてアクセス分析などを行い、ライバルサイトを調べて対策を立ててくるわけです。そこで早くサイトを運用し、顧客を多く確保しておこうというわけです。需要を取り込んでおけば、ライバルがどのように対策を立てても顧客は確保しておくことができます。

けれどもランディングページは本来、じっくりと取り組まなければ効果的なものにはなりません。そこでランディングページの制作から運用までをある程度は形にしておいて、細かな調整を行うだけで済むようにしておくことが必要です。そのためにはヒアリングシートを用意し、クライアントから聞き出すことを前もって把握しておくことになります。扱う商品の特徴は何か、メリットとデメリットはどのようなものかをしっかりと把握しておくことが大切です。これはランディングページにたどり着く前に十分に訪問者に対して提供しておかなければならない情報です。最終的なランディングページでは、商品を購入するか否かの判断を迫ることになります。そこで迷うことがないように、必要な情報は全て前の段階で提供できるようにします。

またサイトの構築に関してもしっかりと理解しておくことが大事です。多くのコンテンツをどのようにリンクさせるのかが重要なポイントとなります。そこで、訪問者が抱える問題や悩みをある程度想定しておいて、それを解決するための流れを作るわけです。その流れに沿うようにコンテンツにリンクを張り、最終的にランディングページへと誘導することになります。またそのような訪問者はどのようなキーワードで検索するのかも推測することが大切です。そのキーワードに対するSEO対策を行うことで、検索順位を上げるというわけです。キーワードは複数を組み合わせることによって、同じ組み合わせでSEO対策を行うライバルを少なくすることができます。このような技術も習得するように心がける必要があります。