ランディングページのファーストビューのサイズと大切さ

ランディングページは、インターネットのサイトのアクセス数を増やす方法とはことなり、ランディングページ専用のページに、興味を持って、あらゆるサイトの広告枠などをクリックすることにより、最初にたどり着くページのことです。SEO対策といい、例えば、物販をしているネット通販のサイトならば、通販サイトへダイレクトに導くような状態にすることもよろしいですが、サイト内の構成が複雑で、利用者の操作性や、運営会社の訴求したいポイントなどを、特定のページで全て伝えることはできません。そのために、広告からアクセスしてくれた消費者の入り口が、ランディングページだと理解すればよろしいです。

ヤフーやグーグルなどで、特定の言葉を検索しますと、最上部や、右側に広告枠が表示されます。広告枠に表示された文言が興味深いものならば、検索結果よりも広告枠から検索をします。ネットで検索をする場合、消費者の目的が明確になっており、その目的を満たすようなページでなければなりません。商品を購入したいのか、何らかのサービスを利用したいのか、会員登録をすることで情報を得たいなど、目的はさまざまですが、広告枠を開いたら、消費者にすぐにわかりやすくすること、目的を果たすことができるような配慮が必要です。

ランディングページは、ファーストビューがとても必要です。ファーストビューとは、画面を開いた際に、画面内に見える部分だと理解してください。ファーストビューは、1ページに訴求したいポイントを集約しているので、縦長で、サイズが大きくなるケースが多いです。スクロール機能を利用して、消費者は内容を確認するのですが、パッとみて、興味を持てるような画面でなければ、読み進めようとは思いません。わかりやすくするためには、ファーストビューに、写真や図形、漫画などを取り入れること、また、定性的ではなく、定量的なデータを表示させることです。例えば、売上の伸び率やリピート率などを大きなロゴなどで表示させるのです。

ランディングページの最終的な目標は、売上を上げること、会員になってもらうことなのですが、その目的を果たすための応募ボタンなどは、ファーストビューに配置することはもちろん、至るところに大き目のサイズで配置するとよろしいです。消費者がうんざりするような配置ではなく、スマートな配置をすることが重要です。ランディングページによって、コンバージョン率が上がることは証明されていますが、消費者にアクションをしてもらう工夫が必要です。