フォーマットを参考にしランディングページを作成する

サイトを立ち上げて商品を売ろうとしたけど、思うようにWeb集客が伸びずに困っている経営者も多いです。ただサイトを立ち上げれば商品が売れるわけではなく、いろんな方法で自社のサイトにアクセスしてもらう努力をおこなうことが大事です。最近はランディングページに力を入れている企業や店舗も多いです。ランディングページとはユーザーが最初に訪問するページのことで、わずか1ページの中にその企業や店舗の商品購入や資料請求を促すように書かれたページです。
ランディングページの特徴を簡単に説明すると、リンクが貼ってなくテキストよりもイメージ画像を多く使用しています。デザインが派手だったりボタンが大きいのも特徴の一つですが、その理由は一人でも多くのユーザーにそのページにとどまってもらい、氏名や住所などを記入してもらうためです。

ランディングページはリンクが貼っていませんが、これは他のページに移動せずにその場にとどまってもらうことを目的にしているからです。そのページにとどまり問い合わせをしてもらうことが目的で、入力フォームに必要事項を記入してもらうことを目的に作られています。
他にもランディングページの特徴としてはイメージ画像が多いことです。ユーザーは文字がぎっしり書かれているページを見ると飛ばしたくなりますが、イメージ画像が多ければついその場にとどまることが多くなります。内容も画像で伝えることができますが、細かい内容までは伝えることができないのが欠点といえます。

これからランディングページを作成したいなら、今まで作成されたフォーマットを参考にしてみるといいでしょう。様々なフォーマットがありますが、自分の企業や店舗のニーズにあうようなフォーマットを参考にしてみるといいでしょう。なかなかランディングページを自分で作成するのが難しいという人は、SEO対策会社に相談してみるといいでしょう。ランディングページの作成だけでなく、コンテンツマーケティングの相談にもしっかりのってくれます。
SEO対策会社を探す場合は、できるだけ実績が豊富な所を選ぶことが大事です。あまり実績がない所だとWeb集客の成果が全然でないことになります。見積もりをだしてもらうことも大事ですが、1社だけでなく複数社から見積もりをだしてもらうと、価格相場もわかり比較しやすくなります。中には極端に相場よりも費用が安いケースもありますが、そういう業者は後で高額な追加費用が発生することもあります。