ランディングページの改善のツールとしての品質スコア

ランディングページとは、検索エンジンで関心がある用語を検索して出てくるリスティング広告などから、広告を出している会社のWEBページへリンクする際に最初にアクセスする当該会社のページです。このランディングページは、当該会社のWEBページに訪れる者のうち特定の関心があるものに特化してその者に対して訴求する情報を詰め込むことに特化したページです。なぜ、このようなページを検索エンジンの用語検索で出てくる公式サイトとは別に作成するかというと、公式サイトでは、会社概要などの様々な情報が盛り込まれすぎていて、特定の関心がある者にとっては読む気が失せる状況にあるからです。一説によると公式サイトを訪れて、そのページをまったく読まずに離脱していく率が7割程度に達しているということで、特定の関心の関連で公式サイトを訪れてもらっているのに、売買契約や資料請求といったコンバージョンに至らないという事態を生じさせていることを回避するために、当該特定の関心に特化したページを作成することでコンバージョン率を高めようというのがこのランディングページを作成する目的なのです。
このランディングページは、リスティング広告などからリンクしてくるページですが、リスティング広告を出稿する場合によく利用されるのがGoogleアドワーズです。そして、このGoogleアドワーズで広告の品質をチェックしたものを表したものとして品質スコアというものがあります。この品質スコアの評価の一つの基準として、ランディングページの利便性という項目があります。したがって、ランディングページを作成して、ページをWEB上に掲載してみて、そのページの品質や見やすさといったものを客観的に評価する方法として、この品質スコアが活用できるのです。この品質スコアが悪いならば、ランディングページの利便性やそのページと広告の文言との関連性などに問題があるということになるので逐次改善していくという動機付けになります。
このように、ランディングページの品質改善の方法として、Googleアドワーズの品質スコアを活用することができるのですが、ゼロからこのページを作成して改善していくとするとかなりの時間と手間がかかります。そこで、失敗しないランディングページ制作ならおまかせといった業者に依頼して作成してもらうのがコンバージョン率の向上という目的に資する結果となるでしょう。そのページ作成後もこの品質スコアを活用してマイナーチェンンジの改善を行っていけばよいでしょう。