ランディングページのヘッダーは魅力的にすべき

ランディングページは、ネットの広告枠などをクリックした際に、表示されるページです。ホームページに利用者を導くのではなく、敢えて、ランディングページを用意する企業が多いのです。利潤を追求する企業にとっては、売上に直結するようにしたいと考えます。一般的にホームページでは、会社の概要や新商品情報、決算情報などを掲載しており、トップページには、商品販売を主張するようなことは記されません。会社のホームページを開いて、いきなり販売促進のような文言がありますと、会社のイメージが下がってしまいます。さまざまなコンテンツの中から、商品情報を開いて、やっと購入する方法が見つかるというパターンが多いです。

しかし、ネットでの広告枠では、消費者が購入できる、会員登録ができるなど、利益に直結するような内容にしています。クリックする人は、商品やサービスなどに興味を持ってアクセスしてきますので、アクセス後に簡単に購入したいと思えるような商品紹介やサービスの内容や特典がわかるページがあれば、満足できるはずです。

つまり、ホームページとランディングページでは、ページを解説する目的が異なるのです。ランディングページでは、利用者の興味をくすぐり、すぐに注文できる構造にすべきです。しかし、商品の説明などやメリットなどもなく、いきなり注文をさせるような作りでは、あまりにもあからさまで、嫌な気分になり、ページから離れてしまうことも多いです。そこで、ページのヘッダー、つまりファーストページの最初には、お客様の検索ワードに沿うような対応が必要です。見やすいランディングページを作るのです。

ランディングページでは、コンバージョンを上げるような内容を吟味して1ページで、商品の概要や価格、サービスや値引き、特典などを表示しなければなりません。ページは、縦長になり、縦のスクロールをすることによって、順序良く商品を購入しようと思わせる対策が必要なのです。あれもこれも何でも表示するのではなく、ヘッダーには、最もお客様に訴求できるポイントを、テキストデータだけではなく、イラストや動画などを活用することが必要です。広告枠から、アクセスしてくれたお客様ですので、一定の目的がある購入層になります。お客様の要望を満たすような、安心して利用できるようなランディングページのヘッダーを用意しなければなりません。すぐに販売できる可能性もありますので、購入できるようなデザインにするとよろしいです。