成果の上がる歯医者のランディングページを作成するには

見栄えの良いランディングページとは、見込み客に対して伝えたい内容が明確にされているページです。また、適度に画像や図が配置してあり、重要なポイントは文字が大きく色が異なっている等の工夫が成されています。これらは、制作者が見込み客の視点に立って、わかりやすさを追求し、明確なコンセプトを持っているからこそ成せる業であり、ある程度の経験がないと作成できるものではありません。また、ホームページとの違いが明確であることもランディングページを引き立てる術の一つです。ランディングページの目的は、あくまでも成約に結び付けるページですから、必要最低限の情報しか必要ありません。対してホームページは、制作元の顔とでも言うべきページですから、ありとあらゆる情報を詰め込まなければなりません。この違いが理解できていないと、成果の上がるページは作成できません。

さて、歯医者のランディングページを作成する場合、最初に定めなければならないのが、誰に何をアピールするのかという事です。大人向けなのか、子供向けなのか、また、インプラントなのか、ホワイトニングなのか等、ターゲットと治療法を絞り込むことで、ランディングページの構成は大きく異なってきます。例えば、大人向けのインプラントであれば、治療内容や治療費、治療後のメンテナンス方法などを画像とともに盛り込むべきです。子供向けの矯正治療であれば、治療前後の画像や治療期間などを保護者向けにアピールしていく必要があります。一軒の歯医者で全ての治療方法を実践することが可能であるならば、それぞれにランディングページを作らなくてはなりません。とにかく、特化していくことが重要であり、この部分がホームページと大きく異なるところです。

最近ではワードプレスが浸透していますから、自前で作成する歯医者もありますが、上手くいかないことも多いようです。特にランディングページの作成の悩みで多いのが、集客効果が現れないといったものですが、対処法としては同じ歯医者のランディングページと見比べて改善する方法がありますが、ある程度作成してきた経験がないと、何が違うのがわからないということにも成りかねません。そこで、専門業者に依頼することも視野に入れるべきです。専門業者であれば、集客効果のあるページを作成する術を心得ていますから、一度制作してもらい、メンテナンスを自前で行うのも確実に集客するためには良い方法です。