ネット販売に生かすことのできるランディングページ

ランディングページは、広義では商品について検索をして訪れたサイト全体を指します!ただし、ウェブマーケティングで用いられる場合は、特定の商品を売るために作られた特定のサイトを指すことが多いです。ランディングページの目的は、それを見た人がダイレクトに商品の購入をしてくれるようにすることです。そのため、サイト構成としては情報量が多い、縦長の構成をしている傾向にあります。ただし、一般的なサイト構成にしているタイプもあります。一般的なサイト構成の場合、情報量が少なくなりますが、すでに興味を持っている人にとっては、長い説明は不要です。したがってこのタイプは、すでに購入を検討している見込み客を取り入れやすいです。また、比較的簡単に作ることができますので、コストを抑えてサイトが作れるメリットがあります。
ランディングページの目的は、商品の販売に繋げることですから、内容は興味のない人に興味をもってもらうことができるものでなくてはなりません。そのため、はじめはきっかけとなる文章を導入して、興味を引きます。例えば、こんな悩みはありませんか、といったように、当てはまる人が身に付きやすい導入文を書きます。そして、そんな人にはこの商品がおすすめ、という形で展開していきます。この流れであれば、それまで興味を持っていなかった人でも文章を読んでみようと思わせることができます。人は、ファーストビューで興味がないと判断すればすぐに見るのをやめてしまいますから、それを避けるために、このきっかけからの流れは重要になります。
もちろん、それだけでは販売に繋げることはできません。根拠を示さなければ、胡散臭さが増すだけで、結局は離れてしまいます。そこで、購入すればこんなよいことがある、ということを、証拠を交えながら示していく必要があります。例えば科学的データや統計を用いたり、利用者の感想文を示すなどして、信憑性を高めていきます。そうすると、ここまで興味をもって読み進めてくれた人を、一気に商品の購入をしたいと思わせることが可能です。それ以外にも、テクニック的なよう素としては、重要な点は詳しくフォントも目立つようにして、読み飛ばしても構わない情報は軽めに通常のフォントを使うなど、メリハリをつけた構成にしていくと、読んでいる人も疲れませんし、理解もしやすくなります。こういった文章の作成にはノウハウが必要となりますが、実際に運用されているランディングページを見てみると、勉強することができます。