効果的なランディングページの編集のコツ

わかりやすいLPを作るのは、ダイレクトな行動を閲覧者に起こしてもらうためには必要です。ランディングページの編集も、それを意識するのがコツです。ランディングページで重要なことは、いかにそのページを閲覧した人が何らかのアクションを起こそうと思わせるものでなくてはなりません。そもそも、ランディングページの目的が、そのページを見た人が直接の行動を起こすことを目的として作られているからです。そして、その目的を達成するためには、わかりやすい編集をするのが不可欠です。
ランディングページは、一つのページで完結させるものです。そこで情報がすべて得られない場合、閲覧した人は情報を別のルートで調べることになります。そうすると、その途中で別の商品やサービスに目を付けてしまう可能性があります。つまり、せっかくの見込み客を取り逃がしてしまう恐れがあります。そこで、商品やサービスの購入につなげるためには、逃げられないように情報を一つのページにまとめる必要があります。ただし、情報をまとめるといっても、閲覧者が見ていて不快にならない構成にする必要があります。また、過剰な表現ばかりではうさん臭さが増してしまいますから、適度なアピールをしっかりと行うことが求められます。文字やフォントもそのためには工夫をすべきでしょう。単なる文字の羅列だけでは見るのに疲れてしまいますが、協調すべきところは協調をして、最悪流し読みをされても構わない部分は小さめにするというようにメリハリをつけておけば、読みやすくなりますから、最後まで読んでもらいやすくなります。
もちろん、小手先のテクニックで見やすいようにするだけでは意味がありません。中身もしっかりと見た人にわかりやすい内容で書かれていなくては、それを初めて見た人には理解してもらうことができません。ターゲットとなる層が、知っていると思われることは書く必要がありませんが、前提として知らない可能性が高いことは、きちんと一から説明したほうが無難です。そして、理解を助けるために、適宜表を織り交ぜるなどすると良いでしょう。その他、何か科学的な根拠を示す場合には、そのデータの出典などを示しておくと、信ぴょう性が増しますので、本当にそうなのか疑問を感じる人に対して信頼してもらいやすくなるでしょう。もちろん、そのためにうその情報を描くのはいけません。法律的に何らかの制裁を受ける可能性があります。