ランディングページの構成はフリーソフトを参考に

ネット通販で物販を行いたい、ネットで結婚式場サービスを売り込みたい、学習教材などを買ってもらうためにホームページから資料請求をしてもらいたい等WEBページを活用してビジネスを行おうとする場合に様々なニーズが出てきます。しかし、単純に自社のホームページ上のツリーに通販ページ等を置いているだけでは、実際にはコンバージョン(成約)率は高くありません。まず、ホームページを見た瞬間に自分の求めている内容があるかどうか判断できないようなページについては読まれずに離脱される率が高く、多く見積もっても3割程度のお客しかホームページを読んでくれません。そこで、出てくるのが、上記のような様々なニーズを求めているお客さんに特化したページを作成して、そのニーズに対して必要不可欠な情報を掲載し、余分な情報を排除したページを1枚で作成し、お客さんが買うか買わないか等の二択の選択を行えるものを作成して、そのページを読んでもらい成約率を上げていこうというページを作成することです。これが、ランディングページというものです。そして、そのニーズは、リスティング広告等をクリックすることで把握するという仕組みになっています。
このランディングページについては、どのような構成で作成するかという決まりはありません。構成がフリーであるということは、コンバージョン(成約)率を高めるという目的を実現するためには、どのような構成がよいかというのは作成者の腕の見せ所ということが言えます。しかし、このランディングページをゼロから作り上げるというのも、レイアウト作成等の部分まで作成していくこととなり手間となります。そこで、ランディングページの作成ソフトを活用するという方法があります。このソフトの中には、フリーソフトもあり無償で使用できるものもあります。もちろん有償版と比較すると機能が大幅に制限されることとなります。
このフリーソフト等のテンプレートをベースにランディングページの構成を考えるのが、ランディングページ作成への入り口となるでしょう。そして、このランディングページは、写真等のビジュアル情報でお客さんの心をつかみ、文字の商品情報や、利用者の声等の情報により安心感を与え成約に向かうというストーリーを提供して成約率の向上を図るものなので、ビジュアルや文字情報として何がお客さんに訴求するのかということをプロトタイプのページを2つ作り比較していくような経験を経て、機能するランディングページを作成できるようになるのです。