ランディングページの必要性を理解して成果を出そう

WEBビジネスで成功を目指す人においては、さすがにWEBページにURLを貼ってさえおけば、その製品やサービスが売れると思っている人はいないでしょう。併せていわゆるランディングページが、しっかりとWEBページを訪れた訪問者の心を捉えたものでなければ販売に結びつかないことも、誰もが認識しているところです。しかしながら、実際に自分で制作するとなると、その手法や作業手順などを踏まえて制作できる人は極端に少なくなるのが現状です。そのため、WEBビジネスは成功できないといった風潮があるのですが、逆に言えば訪問者の興味を引くランディングページが制作できれば、WEBビジネスは十分に成功させることができるビジネスであり、多くの人々が挫折している現状からみると非常にチャンスのあるビジネスだとも言えます。

成果の出るLP制作を行うためには、いくつかの方法がありますが、その前に、なぜWEBサイトではなくて、ランディングページの必要性が高いのかを考えなくてはなりません。同じWEB上のコンテンツでありながら、ランディングページの必要性が優っている大きな理由には、1ページに訪問者の知りたい情報が詰まっているので集中力を研ぎらせることなく、購入に結び付けることが可能である点です。WEBサイトにはたくさんの情報が詰まっていますから、訪問者にとっては便利である反面、訪問者の興味が別のコンテンツに移ってしまう可能性もあります。したがって、1ページに情報が凝縮されたランディングページの必要性が高くなるのですが、言い替えれば、訪問者の知りたい情報を一連のストーリー性を持たして作成することが大切です。

成果の出るランディングページの基本は、その商品のメリット、デメリットを明確であり、ユーザーの不安を払しょくできるページであることです。特に高額商品になれば、ユーザーにとってネットで購入するのは勇気のいることです。そのため、ユーザーは様々な情報をネット上で探そうとしていますが、その大半がデメリットよりもメリットに集中しており、返ってユーザーの不安を助長する結果にもなっています。したがって、ランディングページでは、その商品の強みをしっかりと伝える事は当然として、デメリットにも言及するとともに、その改善方法も明記することが大切です。つまり、その商品に対するユーザーの不安となる部分をこちら側から敢えて提示しその不安を払しょくするという方法です。つまりストーリー性を用いて成果に結びつけることが大切なのです。