ランディングページの費用の相場について

ランディングページを利用することで、売上アップや会員数を獲得できる効果が高いことから、これまでのSEO対策だけでなく、ランディングページを併用する企業が増えています。LP制作を考えている企業にとっては、どの程度の費用がかかるのかイメージがわかりにくいはずです。結論を言いますと、比較的安い場合が多いです。ホームページを製作するよりも、ページ数がはるかに少ないからです。システム会社などに依頼をしますと、おおよそ20万円から30万円程度です。

システム会社への支払費用の内訳は、実際に制作するために費やした時間、その他、場合によっては、出張費用などです。優秀なウェブデザイナーが在籍している会社ならば、1日で仕事が完了することもありえます。事前の打ち合わせや、完成後の内容のチェックなどを含めますと、もっと時間がかかりますが、既存のフレームワークを利用すれば、それほど大変な仕事ではありません。これまでの実績を含めて、最も効果が高いランディングページを制作するのです。依頼主の企業に対しても、実績をアピールすれば良いので、説得力もあります。

ただし、上記の費用は、ランディングページを作るためだけの費用です。当然、リスティング広告などからの利用者の誘導をしなければなりませんので、オプションサービスとして、セットで提案してくる場合が多いです。中小規模のウェブ業者ですと、効率的にランディングページに利用者を導く提案まではできないこともあります。また、大手の業者ですと、広告から販売につながる全ての対応をしてくれますので、安心できるという要素はあります。どちらの業者を選択すべきか悩むところです。

では、ウェブ関連の仕事をしたいと思っている人は、中小企業か大手業者、もしくは、ご自身で開業するかということを考えられるはずです。ウェブプロフェッショナルを目指しているならば、大手の業者に入社し、ランディングページから広告、効果測定までの全ての仕事を学んで、独立されることが最も良い方法です。全ての仕事を熟知していれば、一人で全ての対応ができますし、スタッフに対しても指導することができます。大手企業並みのサービスを提供することができれば、多くの企業から受託することができます。

大手企業では、ウェブのライター、デザイナーなど、分業化されており、自分自身の役割を理解することは難しいですし、高い費用で企業に利用してもらうことになってしまいます。安くて充実したサービスを提供できれば、オンリーワンと呼ばれる会社にすることも可能です。